[お知らせ] 仮想通貨交換業者登録に係る申請書提出のお知らせ

2017.09.26

2017年9月26日、株式会社LastRoots(本社:東京都港区、代表取締役CEO:小林慎和)(以下、「当社」)は、資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局長へ提出、受理されましたことをお知らせいたします。また審査の結果につきましては、判明次第、速やかに開示いたします。

仮想通貨交換業者への登録申請について

2017年4月1日に施行された改正資金決済法(以下、「法」)により、仮想通貨交換サービス(以下、「交換サービス」)の登録制が導入され、金融庁・財務局による社内体制の整備状況の審査・登録を受けた事業者のみが、日本国内で交換サービスを提供できることになりました。また、登録制度の開始以前から取引サービスを行なっていた事業者には、制度開始から6ヶ月間の登録猶予期間が設けられ、当社も該当事業者となっておりました(2017年3月29日取引サービスの提供開始)。
当社は、法の規定に沿った適切かつ確実に取引サービスを遂行できる社内体制を整備し、利用者の皆様へ安心と信頼のある取引サービスを提供すべく、施行猶予期間が経過する前に、登録申請書を提出することにいたしました。

なお、今回の登録申請により、c0ban取引所サービス以外のc0baアプリ及びc0banウェブウォレット(以下、「c0banサービス」)の利用に特段の使用制限が加わることはございません。より安全にc0banサービスをご利用頂けるよう、c0banサービスの品質向上を図って参ります。

引き続き、「より豊かな世界を共に創る」という理念のもと、日本国内外における仮想通貨の普及、ブロックチェーン事業の拡大、c0banサービスの拡充を図って参ります。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社LastRoots
代表取締役CEO 小林慎和(こばやしのりたか)
お問い合わせ先:c0bantrade@lastroots.com

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

暗号資産交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。