著書『世界標準の仕事のルール 〜海外に飛び出す前に知っておきたかったこと〜』発売開始のお知らせ

2018.04.12

仮想通貨c0ban(こばん)と動画広告を組み合わせたプラットフォームサービス「こばんちゃんねる」を運営する株式会社LastRoots代表の小林 慎和の著書『世界標準の仕事のルール  〜海外に飛び出す前に知っておきたかったこと〜』が、本日2018年4月12日より、全国書店にて発売開始されます。

本書は、2016年にディスカヴァー・トゥエンティワン社より刊行された『海外に飛び出す前に知っておきたかったこと』を改題、新書判にリサイズし、大幅に再編集したものです。

筆者である私、LastRoots代表の小林 慎和は、これまでに世界40カ国、100都市以上をビジネスで訪れ、自身で3つ会社を立ち上げ、5社の創業にかかわってきました。そんな私の体験談を余すことなく盛り込んだ、“世界と戦う前に知っておきたかったこと”。

2016年の出版以降、若者から、ベテランの方まで、多くの読者からコンタクトがありました。海外でのビジネスに憧れるものの、一歩踏み出せない方。すでにチャレンジしているが、壁にぶち当たっている方。たまたまこの本に出会ったことがきっかけで、私のもとで働くことを決めた若者もいます。
その反響の大きさから、今回、新書判の出版が決まりました。

私はLastRootsを日本で創業する前に、海外で起業して戦ってきました。日本発のITブランンド「c0ban」を世界に広めるための、基礎力をつけるためでした。
いよいよこれからc0banの海外展開を加速していこうと思っています。そのための世界で戦う生き抜き方を、本書にまとめています。ぜひご一読ください。一緒に世界を目指す仲間も募集しています。

【書籍概要】
◆タイトル:『世界標準の仕事のルール 海外に飛び出す前に知っておきたかったこと』
◆出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
◆発売日:2018年4月12日
◆定価:1,188円(税込)
◆著者:小林 慎和
◆URL:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799322604
◆目次:
第1章 海外に出たらどういう相手と戦うことになるのか
第2章 やっぱり気になる英語、活きた英語をどう身につけるか
第3章 世界標準のワークスタイル
第4章 世界標準の交渉の流儀
第5章 サラリーマンを辞めて起業する前に知っておくべきこと
第6章 世界から日本はどう見えているか
第7章 だからこそ、海外に飛び出す

 

【著者プロフィール】
小林慎和 こばやし・のりたか
株式会社LastRootsファウンダー兼CEO
ビジネス・ブレークスルー大学准教授
Yourwifiファウンダー
工学博士

大阪府枚方市生まれ。大阪大学大学院卒。コンピュータ工学を専攻し2年飛び級にて博士号取得。卒業後、野村総合研究所に入社し、経営コンサルタントに転進。海外展開を中心にコンサルティング経験を10年積む。2011年グリーに移り、海外事業開発を担当。
2012年末にDiixiをシンガポールにて起業。2013年に2社目のYourwifiを同じくシンガポールで起業。the CHAOS ASIAを世界5都市で総合プロデュースし、海外展開をライフワークとする。2014年バリ島にてコーワーキングスペースWAVEをオープン。2015年シンガポールにて、JV(ジョイントベンチャー)にて飲食店をオープン。2015年3月には、AsianEntrepreneur.orgより、Asian Entrepreneurに日本人として唯一選出される。
2016年6月、日本に5年ぶりに帰国し、LastRootsを東京で創業。ブロックチェーンと広告を組み合わせたサービスを展開し、フィンテックサミット2016では、IBM Blue Hub賞を受賞。同社はクラウドファンディング(ICO)にて6億円調達し、当時の日本記録となる。2017年12月にはDeloitte社が発表する急成長企業Technology Fast500にて2社目に創業のYourwifiが成長率174%でアジア全体で292位、シンガポール国内で3位となる。2018年1月LastRootsが提供する仮想通貨c0banの時価総額が一時350億円を超え、世界ランキングで50位を記録する。これまでにニューヨーク、シンガポール、クアラルンプールに在住経験。
主な著書に『BPO 超巨大市場をどう攻略するか』(日本経済新聞出版社)がある。

この記事をシェアする