c0banのハードフォークに伴うc0ban送金(出金)の一時停止について

2018.09.03

c0ban取引所・c0banウェブウォレット利用者の皆様へ

いつもc0ban取引所・c0banウェブウォレットをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

日本時間2018年9月7日未明(1,450,888ブロック)に、ハードフォークが行われる予定です。
ハードフォークの内容は、コンセンサスアルゴリズムと難易度調整アルゴリズム変更を目的としたもので、c0ban 0.15.1.1へアップデートされます。

このハードフォークは、c0banコミュニティの間で、2018年6月頃より議論がなされてきたものです。

【参考】
・c0ban projectサイト(https://www.c0ban.co/
・c0banコミュニティ(c0ban project)における議論(https://disqus.com/home/discussion/c0ban/c0ban_white_paper/
・難易度調整アルゴリズムLWMAについての分析ホワイトペーパー「Noritaka Kobayashi, A survey note on difficulty adjustments using LWMA for crypto currency c0ban」(https://goo.gl/njwHcF
・難易度調整アルゴリズムLWMAについての分析ホワイトペーパー(日本語)(https://goo.gl/9q2S6C)

アップデートの内容は、コンセンサスアルゴリズムと難易度調整アルゴリズム変更を目的としており、c0banの安定稼働のため、c0ban projectにてその実行が支持されております。

これに伴い、c0ban取引所ではハードフォークの前後においてc0banの送金(出金)を一時停止いたします。c0banブロックチェーンの安定稼働を確認した後、再開してまいります。

■c0ban送金の一時停止期間
2018年9月5日11時頃〜2018年9月10日11時頃終了(予定)

■利用できなくなるサービス
c0ban取引所および、c0banウェブウォレット (https://wallet.c0ban.com/ja)から、外部アドレスへのc0banの送金(出金)

■重要事項
・ハードフォーク前後において、当社がお預かりしているお客様のc0banの資産に変化はございません
・今回のハードフォークは、ビットコインとビットコインキャッシュのように、コインが2つに分かれるものではなく、c0banのアップデートを目的としたものとなります
・ハードフォークにおいてコンセンサスアルゴリズムが、Lyra2REv2に変更される予定です
・c0ban取引所はこのハードフォーク後は、Lyra2REv2のc0banのみを取引対象c0banとして認識します
・ハードフォークの前後において、c0banのコンセンサスネットワークが不安定になることはございません。
・ハードフォークの日程は、c0banのブロック生成状況に応じて、変動することもあり得ます

■その他留意点
・c0banの取引は、通常通りご利用いただくことが可能です
・c0banの購入は、通常通りご利用いただくことが可能です
・c0banの外部アドレスへの出金サービスは、一時停止となります
・停止期間中に当社サービスを利用し、c0banを外部へ出金した場合、残高へ反映されない可能性がありますので、ご注意ください
・c0ban取引所内、およびc0banウェブウォレットの当社管轄アドレスへの送金は引き続き可能です

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

※記載されている時間は全て日本時間です

◯お問い合わせフォーム
https://c0bantrade.jp/top/contact

◯メールでのお問い合わせ
c0bantrade@lastroots.com

株式会社LastRoots
カスタマーサポート

(2018年9月5日11時54分。全会員向けメールにお送りした文面と、齟齬がありました。メールにお送りしたものが、正となります。11月54分に修正致しましたので、お知らせいたします)

この記事をシェアする