c0banのハードフォークに伴うc0ban送金(出金)の一時停止について

2018.09.03

c0ban取引所・c0banウェブウォレット利用者の皆様へ

いつもc0ban取引所・c0banウェブウォレットをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

日本時間2018年9月7日未明(1,450,888ブロック)に、ハードフォークが行われる予定です。
ハードフォークの内容は、コンセンサスアルゴリズムと難易度調整アルゴリズム変更を目的としたもので、c0ban 0.15.1.1へアップデートされます。

このハードフォークは、c0banコミュニティの間で、2018年6月頃より議論がなされてきたものです。

【参考】
・c0ban projectサイト(https://www.c0ban.co/
・c0banコミュニティ(c0ban project)における議論(https://disqus.com/home/discussion/c0ban/c0ban_white_paper/
・難易度調整アルゴリズムLWMAについての分析ホワイトペーパー「Noritaka Kobayashi, A survey note on difficulty adjustments using LWMA for crypto currency c0ban」(https://goo.gl/njwHcF
・難易度調整アルゴリズムLWMAについての分析ホワイトペーパー(日本語)(https://goo.gl/9q2S6C)

アップデートの内容は、コンセンサスアルゴリズムと難易度調整アルゴリズム変更を目的としており、c0banの安定稼働のため、c0ban projectにてその実行が支持されております。

これに伴い、c0ban取引所ではハードフォークの前後においてc0banの送金(出金)を一時停止いたします。c0banブロックチェーンの安定稼働を確認した後、再開してまいります。

■c0ban送金の一時停止期間
2018年9月5日11時頃〜2018年9月10日11時頃終了(予定)

■利用できなくなるサービス
c0ban取引所および、c0banウェブウォレット (https://wallet.c0ban.com/ja)から、外部アドレスへのc0banの送金(出金)

■重要事項
・ハードフォーク前後において、当社がお預かりしているお客様のc0banの資産に変化はございません
・今回のハードフォークは、ビットコインとビットコインキャッシュのように、コインが2つに分かれるものではなく、c0banのアップデートを目的としたものとなります
・ハードフォークにおいてコンセンサスアルゴリズムが、Lyra2REv2に変更される予定です
・c0ban取引所はこのハードフォーク後は、Lyra2REv2のc0banのみを取引対象c0banとして認識します
・ハードフォークの前後において、c0banのコンセンサスネットワークが不安定になることはございません。
・ハードフォークの日程は、c0banのブロック生成状況に応じて、変動することもあり得ます

■その他留意点
・c0banの取引は、通常通りご利用いただくことが可能です
・c0banの購入は、通常通りご利用いただくことが可能です
・c0banの外部アドレスへの出金サービスは、一時停止となります
・停止期間中に当社サービスを利用し、c0banを外部へ出金した場合、残高へ反映されない可能性がありますので、ご注意ください
・c0ban取引所内、およびc0banウェブウォレットの当社管轄アドレスへの送金は引き続き可能です

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

※記載されている時間は全て日本時間です

◯お問い合わせフォーム
https://c0bantrade.jp/top/contact

◯メールでのお問い合わせ
c0bantrade@lastroots.com

株式会社LastRoots
カスタマーサポート

(2018年9月5日11時54分。全会員向けメールにお送りした文面と、齟齬がありました。メールにお送りしたものが、正となります。11月54分に修正致しましたので、お知らせいたします)

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

仮想通貨交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《仮想通貨を利用する際の注意点》

  • 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

仮想通貨取引を行う際の注意点

  • 仮想通貨は、日本円のように国が価値を保証している法定通貨ではなく、インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨取引は、元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等によって損失が生じる場合があり、価格の急変や突然無価値になる可能性があります。
  • 仮想通貨取引は、相場の急変や流動性の低下、取引システムや回線の障害などによって、注文の受付・取消の遅延や注文が成立しないなど、意図した取引ができない可能性があります。
  • 仮想通貨は、サイバー攻撃などによって、保有資産の全部又は一部を消失する可能性があります。
  • 仮想通貨に関する法規改変、技術革新、市場動向の変化などの外部環境の変化、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻などによって、当社の事業が継続できなくなる可能性があり、当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなる可能性があります。
  • 原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。
  • お取引に際しては、「重要事項説明書」等をお読みのうえ、取引内容やリスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断でお取引ください。