ブロックチェーンソリューション「K1BAN」(きばん)提供開始

2018.11.01

株式会社LastRoots(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:小林 慎和)は、2年以上にわたるc0banブロックチェーン開発運用から得た知見を盛り込んだ、ブロックチェーンソリューション「K1BAN」(きばん)を提供開始いたします。


この新しいソリューションは、c0banブロックチェーン・仮想通貨技術をベースとして、c0ban、ビットコイン、イーサリアムやEOSなどを活用し、クライアントに最適なスマートコントラクトを設計し、開発導入するもので、これからのトークンエコノミーの基盤となることを目指しています。

◆Dappの設計・開発
トークンインセンティブをキーとしたブロックチェーン・仮想通貨を活用したサービスの設計、開発、運用ソリューションの提供
仮想通貨c0banを活用したサービスの設計、開発、運用ソリューションの提供

◆Tokenの設計・開発
独自トークンの設計、発行、開発および運用の支援

◆スマートコントラクトの設計・開発
ブロックチェーン・仮想通貨(c0ban、ビットコイン、イーサリアム、ERC20、ERC223、ERC721、EOSなど)をベースにしたスマートコントラクトの設計と開発

◆Public chain/private chain/tokenの設計、開発、運用
ブロックチェーン・仮想通貨をパブリックチェーン、プライベートチェーンのいずれでも設計、開発、運用

◆マイニング
マイニング運営代行、マイニング施設の設計
サービスコンセプトページ
https://www.k1ban.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■株式会社LastRootsについて

弊社は、動画広告が完全視聴される効率的な広告プラットフォームの構築を目指し、2016年7月にICOを実施。最終的に6億円超を集め、動画広告と仮想通貨 c0ban(こばん)を組み合わせた広告プラットフォームサービス「c0ban.tv(https://c0ban.tv/)」および、仮想通貨交換業(c0ban取引所)(https://c0bantrade.jp/)を開発・運営してまいりました。

c0ban.tvは、動画広告が完全視聴された場合に視聴者(見込み顧客)に仮想通貨c0banを付与するビジネスモデルであり、2018年9月には、月間c0ban付与回数が500万回を突破。広告主、視聴者、c0ban取引所間のトークンエコノミーを実現すべく、日常生活での利用シーン拡大と海外市場への展開を目指しております。
仮想通貨交換業(c0ban取引所)においては、累積での取引約定数は1,200万回突破、取引高は100億円を超え、多くの皆さまにご期待頂いております。今後も顧客資産の保護、適正で確実な運営を第一に、事業運営をしてまいります。

 

株式会社LastRoots
東京都中央区日本橋人形町一丁目3番6号 AIC共同ビル人形町 5F
代表取締役CEO:小林 慎和

お問い合わせ
info@lastroots.com

この記事をシェアする