日本の文化を配信する「こばんちゃんねる」累計100万回の完全視聴を達成

2018.02.13

仮想通貨c0ban(こばん)と動画広告を組み合わせたサービス(こばんちゃんねる)、および仮想通貨取引事業を展開している株式会社LastRoots(本社:東京都港区、代表取締役CEO:小林 慎和、以下LastRoots)は、「こばんちゃんねる」における動画の完全視聴回数が累計100万回を突破したことをお知らせいたします。

◆完全成果報酬型 動画広告プラットフォーム
こばんちゃんねるとは、ブロックチェーンの技術を活用した、完全成果報酬型の動画広告プラットフォームです。
視聴者は、動画広告を完全に視聴した場合に現れるc0banボタンをタップすることで、その動画広告に埋め込まれたc0ban(広告費)を得ることができます。

今回突破した100万回は、視聴者が実際に動画広告を完全視聴し、c0banを獲得した回数となります。これは、仮想通貨c0banが広告主から視聴者に送金されたことを意味し、仮想通貨のトランザクション数と捉えることができます。

つまり、仮想通貨c0banは、累積のトランザクション数が100万回を突破したことになります。消費者向けサービスにおいて、100万回以上のトランザクション数が発生している仮想通貨は、極めて少ないのが現状です。

c0banの普及のため、引き続き動画を増やしていく予定です。

また、c0banが獲得できるAndroid、Webのほか、Facebookページにも展開。動画は毎日4-5本更新され、ユーザーは日々新たなコンテンツを楽しむことができます。

Web:https://c0banchan.tv/
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lastroots.c0ban
Facebookページ:https://www.facebook.com/c0ban.channel.tv/

◆ブロックチェーン技術の特徴の一つ、マイクロペイメント(少額決済)の活用により効率的な広告運用を実現
こばんちゃんねるでは、ブロックチェーン技術の特徴の一つであるマイクロペイメント(少額決済)を活用しています。
ユーザーは動画を視聴後、最後に現れるc0banアイコンのタップに成功すると、広告主が設定した予算に応じた仮想通貨c0banを獲得できます。
一方、広告主側としては、ユーザーが完全視聴した場合に限り「c0banの配布」というかたちで広告費が発生。また、c0banを獲得したユーザーがc0banを活用して決済すれば、c0banは広告主の手元に戻ってくることになります。

この仕組みにより、効率的な広告運用が可能になっています。

◆季節に合わせたキャンペーンを実施予定!
こばんちゃんねるでは、今後も季節に合わせたキャンペーンを実施してまいります。
詳細は随時お知らせしてまいりますので、ぜひご参加ください。

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

暗号資産交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。