c0ban取引所のセキュリティ・顧客資産保護に関する取り組み

2018.01.30

2018年1月30日

 

平素はc0ban取引所をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。

 

当社は、お客様からお預かりした金銭および仮想通貨資産の保護と安全性の確保を最優先として仮想通貨取引所の運営を行っております。国内の取引所における仮想通貨の不正流出をうけ、当社のセキュリティ管理体制についてご案内いたします。

 

当社は、情報セキュリティ管理、サイバーセキュリティ対策等に関する社内規則を定め、お客様からお預かりした金銭および仮想通貨資産の保護と安全性の確保を最優先とした運用に努めております。

安全性の確保のためには、社内での運用体制とシステム面でのセキュリティの確保が肝要と考えております。

 

社内の運用体制については、お客様の増加に先駆け、人員の増員、カスタマーサポートの向上、情報管理の徹底を行っております。さらなるサービスの向上と安全性の確保のため、引き続き人員の増員と管理徹底を遂行していく所存です。

 

また、システム面においては、次の対策を講じております。

 

当社c0ban取引所では、全システムをセキュリティ対策が取られたデータセンターで運用しており、クラウドコンピューティングでの取引処理を行っておりません。

当社が利用するデータセンターは、国内最高レベルの堅牢なファシリティを有しており、これは、国内の金融機関が活用するデータセンターのセキュリティレベルに匹敵する設備となっております。

そのうえで、c0ban取引所における仮想通貨c0banの送受金、取引マッチングにおいては、マルチシグを導入し運営しております。仮想通貨の分別管理については、お客様毎にウォレットを構築し、管理運営を行っております。外部からの攻撃については、データセンターそのものの対策と当社システムにおける対策を二重で講じております。

 

またホットウォレットとコールドウォレットについて、当社は併用する形で運用しております。一般の取引所の場合、お客様から預かる大量の仮想通貨を保管する限られた数のウォレットをコールドウォレットにすることで、安全性を確保する方式を取っておりますが、弊社はお客様個別にウォレットを管理運営しており、仮に外部からの侵入があったとしても、被害を極小化させるアーキテクチャを構築しております。外部からの侵入については、データセンターそのものと当社システムにより最善の対策を図っていきたいと思います。

 

セキュリティ対策には、終わりというものはなく、日々進化させていくものと捉えております。今後もお客様の安全性の向上に邁進して参ります。

 

株式会社LastRoots

代表取締役 小林慎和

広報担当 広報部長 三井

info@lastroots.com

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

暗号資産交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。