​インフォグラフィック「数字でふり返る仮想通貨c0ban(こばん)の1年」を公開

2017.12.15

仮想通貨c0ban(こばん)と動画広告を組み合わせたサービスを展開している株式会社LastRoots(本社:東京都港区、代表取締役CEO:小林 慎和、以下LastRoots)は、仮想通貨c0ban(こばん)のブロックチェーンが始動し始めてから1周年を迎えたことを記念し、​インフォグラフィック「数字でふり返る仮想通貨c0ban(こばん)の1年」を公開いたしました。

 

仮想通貨c0ban始動から1周年記念 インフォグラフィック「数字でふり返る仮想通貨c0ban」
▶️ https://www.lastroots.com/news/c0ban-1st/

LastRootsは、2016年6月の創業から仮想通貨c0banのブロックチェーンの開発をはじめ、同年12月15日にそのブロックチェーンの始動に成功いたしました。

そこから、c0banは2017年8月にオープンソース化し、現在では多くのマイナーに支えられたブロックチェーンとなっております。

動画広告と仮想通貨という2つのまったく異なるジャンルのビジネスを組み合わせたサービスは世界でも類をみないもので、2016年7月のクラウドファンディング(ICO)の開始から、話題をいただき、1年間の募集期間の間に、6.3億円の資金を調達させて頂くまでに拡大しました。

 

多数のみなさまから頂いた資金を元に、ブロックチェーンc0ban、ウェブウォレット、c0banを活用した動画広告プラットホームアプリ「こばんちゃんねる」、仮想通貨取引所を開発してまいりました。

仮想通貨取引所においては、2017年12月8日に預り資産は10億円を超え、順調に拡大しております。

この度、1周年を記念したインフォグラフィックを公開することで、これまでのc0banの成長をみなさまと共有し、2018年のさらなる発展に向け、事業を推進していく計画です。

ぜひ、c0ban、1周年のインフォグラフィックをご覧ください。

▶︎ https://www.lastroots.com/news/c0ban-1st/

「仮想通貨c0ban」と「こばんちゃんねる」について

仮想通貨c0banは、LastRootsが開発リリースした仮想通貨であり、現在は、世界中の多数のマイナーによって支えられているパブリックチェーンベースのブロックチェーンとなります。2017年12月現在の発行枚数は、2300万枚(RYO)であり、流通時価総額は、200億円を超えております。2016年12月のリリースから、1年あまりで、世界ランキングは40位(暫定)となっております。

また、こばんちゃんねるは仮想通貨c0banを活用した動画広告プラットホームであり、動画メディアサービスとなっております。すでに500本以上の動画が公開されており、40万人のファンをソーシャルメディア上で生み出すまでに成長しつつあります。

 

c0ban取引所:https://c0bantrade.jp/
こばんちゃんねる:https://c0banchan.tv/
Facebook:https://www.facebook.com/c0ban.channel.tv/

 


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社LastRoots 広報担当:三井
メールアドレス:info@lastroots.com

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

暗号資産交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。