動画広告サービスc0ban(コバン)導入意向店舗数、ならびにweb系案件が日本全国、海外で1,000アカウントを突破

2017.02.27

c0banアプリでの動画広告の公開本数は100本を突破

株式会社LastRoots(本社:東京都港区 代表取締役CEO:小林慎和 以下LastRoots)はこの度、動画広告サービスのc0ban導入意向店舗数、web系案件が営業開始3ヶ月で日本及び海外で1,000アカウントを突破したことを発表致します。また、動画広告を配信するプラットフォームアプリ、c0banアプリ内での動画広告の公開本数は100本を突破致しました。当社アカウントになられた広告主様は、期間限定または年間契約にてc0banサービスをご利用頂く形となっております。
店舗開拓に関しては、大手飲食チェーンを開拓し、年内での1万アカウント導入を視野に入れて事業を推進しております。また、現在動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施中です。

c0ban広告では、アプリ内にて訴求力の高い動画広告を積極活用し、また新規顧客への来店を促す独自の機能(仮想通貨c0banの付与など)を使うことにより、従来からネックとなっていた店舗様の集客、ROI(投資対効果)改善を実現致します。
また、c0banアプリでは、店舗様動画のみならず、ナショナルブランド、飲食、旅行、化粧品、不動産、人材、教育、webコンテンツ、ゲーム、スポーツ、ドローン、面白動画、また地域との連携による地方創生に関する動画など、様々な動画広告を展開していく予定です。

c0ban加盟店様抜粋

[動画広告1本無料制作キャンペーン]
現在アカウント数限定で、動画広告を1本無料制作するキャンペーンを実施しております。年間契約など一定の条件をクリアされた法人様が対象となります。詳しくはお問い合わせください。

[c0banとは?]
LastRootsでは独自に生み出した仮想通貨c0banを多くの店舗様、企業様、そして一般の消費者にも利用してもらうべく、これまでサービス設計、開発を進めてきました。c0banの普及と価値向上だけでなく、業界の活性化も見据え、ブロックチェーン技術を活用した世界初のサービス「c0banアプリ」を先日リリースさせて頂きました(2017年2月23日)。

c0banアプリとは、仮想通貨と動画広告を組み合わせた動画広告配信プラットフォームとなります。店舗や企業は、アプリ内で独自の動画広告を配信することが可能で、配信は無料、アプリユーザー(消費者)が完全視聴した場合にのみ、広告費が発生します。
c0banアプリの特徴は、広告費として、仮想通貨c0banが活用される点にあり、広告を見たアプリユーザー(消費者)に、広告主である、企業や店舗が直接c0banを付与することになります。つまり、アプリユーザー(消費者)は、アプリ内の動画広告を視聴するだけで、仮想通貨c0banを獲得出来ることになります。

これまでの広告は、広告主が広告費を費やし、動画(静止画)を制作し、消費者に届けてきました。広告を見る消費者は、広告を無料で見ることが可能ですが、広告主から直接消費者に何らかの価値が提供されることはなく、広告自体がターゲットにしている消費者に本当に見られているか否か、届いているか否か正確には分からないのが実情です。c0ban広告はc0banアプリ上で広告主が自社のサービス、商品を直接アプリユーザー(消費者)に向けて動画でPRします。飲食店などでは今後、その日だけのメニューを動画撮影し、リアルタイムでアプリユーザー(消費者)に届けることも可能です。

アプリユーザー(消費者)のメリットとしてはアプリ内での店舗、企業の動画広告を視聴するだけで、c0banを獲得可能ですが、貯めたc0banを様々な場所で使え、飲食店などの店舗だけでなく、web上で物やサービスを購入することができるようになる予定です。店舗側、企業側のメリットとしては、自社顧客また潜在顧客に直接価値提供をし、事前に顧客を囲い込むことができるようになります。c0banを獲得した消費者が自社店舗、webサイトを訪れ、c0banを活用の上決済をし、自社サービスを提供して頂くことも可能です。また、c0ban広告では、消費者がどの店舗、企業からc0banを得ているのか、そのビッグデータをLastRootsは蓄積していきます。c0ban広告を利用される店舗、企業は、そうしたデータベースへのアクセスも可能になる予定です。

サービスの概要については、当社法人様向けウェブサイトもご確認ください。


c0banアプリ紹介動画

LastRootsではこれを皮切りに、さらなる店舗開拓に邁進していく予定です。

【会社概要】
会社概要:株式会社LastRoots
代表:代表取締役CEO 小林慎和(こばやしのりたか)
お問い合わせ: c0ban@lastroots.com(c0ban広告担当:斎藤)
コーポレートサイト:http://www.lastroots.com
c0ban広告法人様向けサイト:https://www.lastroots.com/c0ban-cp/
アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lastroots.c0ban

この記事をシェアする

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

仮想通貨交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《仮想通貨を利用する際の注意点》

  • 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

仮想通貨取引を行う際の注意点

  • 仮想通貨は、日本円のように国が価値を保証している法定通貨ではなく、インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨取引は、元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等によって損失が生じる場合があり、価格の急変や突然無価値になる可能性があります。
  • 仮想通貨取引は、相場の急変や流動性の低下、取引システムや回線の障害などによって、注文の受付・取消の遅延や注文が成立しないなど、意図した取引ができない可能性があります。
  • 仮想通貨は、サイバー攻撃などによって、保有資産の全部又は一部を消失する可能性があります。
  • 仮想通貨に関する法規改変、技術革新、市場動向の変化などの外部環境の変化、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻などによって、当社の事業が継続できなくなる可能性があり、当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなる可能性があります。
  • 原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。
  • お取引に際しては、「重要事項説明書」等をお読みのうえ、取引内容やリスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断でお取引ください。