濱田淳

経歴・担当業務

不動産業、ベンチャー企業の立ち上げメンバー、照明機器メーカーなどで勤務。 主に営業職や、CRMなどを経験。 ベンチャー立ち上げメンバー時の 会社を勢いだけでやっていける時期から、1企業になろうとする時期の壁にぶち当たる。 その時の経験から、自分の社会人としての実力が備わっていないことに気が付き、 照明機器メーカーに転職。同時期に、社会人大学のBBT(ビジネス・ブレークスルー)に入学。 BBT大学に入学して初めて代表の小林を知る。 LastRootsでは事業開発部で、主にブロックチェーンに関わるサービス、顧客創造を担当しています。 LastRootsは、仮想通貨c0banを取り扱ったサービスを提供している会社です。 実は、LastRootsの提供しているサービスに対して、営業するという言葉を使うのは、私は、社内であっても好きではありません。 私たちの提供するサービスに共感し、同じビジョンを持っている仲間を探す、仲間探しのような感覚です。 そのような気持ちで業務を担当しています。

入社理由

初めてビットコインと出会ったのは2014年から、2016年にも中国の上海で触れる機会があるが、技術的な面や、可能性に関しては、何も感じず、、、
ただの投機目的のマネーゲームの道具くらいの印象でした。
自分の中の転機は、2017年にBBT大学で代表の小林が受け持っている担当講義の課題図書で、マスタリングビットコインを読んだこと。
そこから、いろんな通貨のQTウォレットを使ったり、ブロックチェーンエクスプローラーで調べてみたり、どっぷりハマってましたw
そんな私はマイニングをやっており、企業規模のマイニングは、自分の勉強になるからと、代表の小林に連絡し入社。
そしたらブロックチェーン関係の仕事は、やっぱり面白い!
またまた、どっぷりハマってましたw
趣味が仕事になった瞬間です!

金融庁のホームぺージには以下の留意事項が掲載されています。

仮想通貨交換業者登録一覧
  • 本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う仮想通貨は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの仮想通貨の価値を保証したり、推奨するものではありません。仮想通貨は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 仮想通貨の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《仮想通貨を利用する際の注意点》

  • 仮想通貨は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨は、価格が変動することがあります。仮想通貨の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か確認してください。
  • 仮想通貨の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 仮想通貨や詐欺的なコインに関する相談が増えています。仮想通貨を利用したり、仮想通貨交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

仮想通貨取引を行う際の注意点

  • 仮想通貨は、日本円のように国が価値を保証している法定通貨ではなく、インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 仮想通貨取引は、元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等によって損失が生じる場合があり、価格の急変や突然無価値になる可能性があります。
  • 仮想通貨取引は、相場の急変や流動性の低下、取引システムや回線の障害などによって、注文の受付・取消の遅延や注文が成立しないなど、意図した取引ができない可能性があります。
  • 仮想通貨は、サイバー攻撃などによって、保有資産の全部又は一部を消失する可能性があります。
  • 仮想通貨に関する法規改変、技術革新、市場動向の変化などの外部環境の変化、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻などによって、当社の事業が継続できなくなる可能性があり、当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなる可能性があります。
  • 原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。
  • お取引に際しては、「重要事項説明書」等をお読みのうえ、取引内容やリスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断でお取引ください。